最大割引でマイプロテインを購入する

生活習慣病かどうかを把握するための食事・運動チェックリスト

体脂肪を増やす要素を把握するためのチェックリスト

こんにちわ、ウリボ(@uribo52)です。

体に脂肪がつくのは食習慣や生活習慣の乱れから発生します。

内臓脂肪を撲滅対策を実施する前に、

どのような食習慣や生活習慣が体脂肪を増やす要因になっているかチェックしてみましょう!

クロールくん

俺はたぶん完璧やと思うで、最近人間がゴミあさりさせてくれへんから摂食ぎみやしな~
そうゆうことね、笑。僕は山の木の実がおいしくてついつい食べちゃってるかな~

ウリボくん

チェックリストの実施方法

下にある、1から30までの質問項目を読んでみてください。

あてはまるものがあればどんどんチェックマークをつけていってください。

その得点に対応した判定が下されますので判定内容を確認してみてください。

さあ、チェックテストをやってみよう

チェックテスト
1 スナック菓子を1袋食べてしまうことがある
2 おかずとご飯(主食)なら、ご飯(主食)を多く食べる
3 早食いである
4 電車に乗ると、すわってしまうことが多い
5 新聞を読みながら食べるといった”ながら食い”をする
6 休日や暇なときはゴロゴロしていることが多い
7 外食のほうが多い
8 シャワーですませて、お風呂に入らないことが多い
9 魚や肉などのタンパク質食品はあまりとらない
10 アルコールを飲んだ後、締めに何か食べてしまう
11 おなかがいっぱいになるまで必ず食べてしまう
12 あまりかまないで食べるほうだ
13 しょっぱい、甘辛いなど濃い味が好きだ
14 食事の時間は不規則である
15 野菜はサラダ以外、あまりとらない
16 赤身よりトロ、といったように肉や魚は脂が多いものが好きだ
17 10分以上歩くのは嫌いだ
18 ここ2~3日食べたものをしっかり覚えているし、言える
19 体重は測っても、体のサイズはほとんど測らない
20 食後、胃がもたれることが多い
21 缶コーヒーや缶ジュースなどをよく飲む
22 イライラすると食べるクセがある
23 おなかがいっぱいでもデザートは食べられる
24 夜寝る前の2時間に食べることがある
25 ご飯、パンをよくおかわりする
26 便秘する習慣がある
27 ゆったりめの服を着ることが多い
28 一度にドカッと大量に食べてしまう
29 運動すること自体、珍しい
30 ファーストフードやインスタント食品をよく食べる

結果を判定します

みなさん、結果のほうはいかがでしたでしょうか。

クロールくん

俺、半分も該当せ~へんかったで、14点。ウリボは?
僕は3点だよ、ほとんど該当しなかった。クロールくん、大丈夫?

ウリボくん

クロールくん

半分もなかったから大丈夫かなって思ってたけど・・・

では、判定結果のほうはこちらです。

4点以下の人→セーフ
4点以下のあなたは、ほぼ標準の体重や体脂肪かあるいはそれを下回っているのではないでしょうか。正しいダイエットの知識があり、食生活や運動、生活習慣のバランスがとれています。テストであてはまった部分をもう一度チェックして、改善するよう心がければ、肥満とは一生無縁でいられるかもしれません。
5~11点以下の人→イエローカード
5~11点のあなたは、いまは大丈夫でも、近い将来は肥満に転じるおそれが

ある隠れ肥満タイプか、あるいはすでに肥満ぎみでダイエットとリバウンドを繰り返している可能性大。健康管理や体重管理がアバウトになりかけています。中途半端なダイエット知識に頼っている人も多いはず。まだ修正できる今のうちに、食生活あ生活習慣を改めましょう。

12点以上→レッドカード
もうあなたは完全な危険ゾーンに突入しています。すでに太りすぎを自覚しているか、あるいはあきらめている人もいるかもしれません。自分がなぜ太ってしまうのかをもう一度チェックしてみること。いまは大丈夫でも、近い将来に生活習慣病などの病気の心配も出てきます。一刻も早く、食習慣や運動不足を改めてください。

ダイエットを進めるにあたり、一番重要な項目は2番と25番になります。

  • おかずとご飯(主食)なら、ご飯(主食)を多く食べる
  • ご飯、パンをよくおかわりする

つまり、炭水化物の摂取を必要最低限に抑え込むかが重要になります。

炭水化物を過剰摂取してしまうと、処理しきれなかった分が体脂肪として蓄積されてしまいます。

一方、例えばタンパク質の多い食事では体脂肪がエネルギーとして利用されやすいホルモンの分泌が高められます。

ラーメン、カレー、パスタと炭水化物が主食となっているような食べ物が巷にあふれています。

しかし、炭水化物はあくまでも捕食という位置づけで考えておいたほうがいいと思います。

大事なのはおかずをしっかり食べてバランスのよい栄養摂取を心がけて、足りない分を炭水化物で補うという考え方です。

我々の普段の食生活とは逆の発想が実は正しいダイエットへの近道になります。    

クロールくん

若い時と同じような感覚で食事しとったらアカンっちゅうこっちゃな。
そうだね、どうしてもご飯を必ず食べなきゃって思ってしまうけど、歳をとれば体質も変わるから食生活も変えていかないといけないね。

ウリボくん

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です