最大割引でマイプロテインを購入する

食べごたえバッチリ!マイプロテインのチョコブラウニーをレビュー

myprotein-brownie_alt

この記事で言いたい事

マイプロテイン チョコブラウニー

一袋(75g)あたり

 カロリー287kcal

 タンパク質23g

 脂質9.7g

 炭水化物27g

→プロテインのしっとり感がブラウニーらしさを演出

こんにちわ、ウリボ(@uribo52)です。

甘いもの好きのトレーニーには止められないマイプロテインのプロテイン菓子

今回はうわさでは聞いていた、大人気のチョコブラウニー

売り切れでなかなか購入できなかったんですが、やっと入荷したので即効でポチって手元に届きました。

早速レビューをしていきたいと思います。

クロールくん

そんなに人気があんのん?
うん、買おうと思うといつも在庫なしだったんだけど、ようやく購入できたよ!

ウリボくん

パッケージ・見た目など

他のお菓子と比べても、ずっしりと重みがある1箱です。

Brownie_Box_alt

開けてみると、チョコブラウニー がどっさり入っています。1箱12袋で1袋75gなので900gもあります。

Brownie_box_inside_alt

こちらが箱の背面になります。栄養構成が表示されています。100gと75gでは100gのほうがローカロリーになっているのはなぜだ・・・汗

Brownie_Box_back_alt

次に個装のほうをみていきましょう。まず手に取ってみると「重み」を感じます。そして大きさは日本で販売されているクッキーと違って厚みがありゴツゴツしています。

Brownie_small_package_alt

実際に開けてみるとこんな感じです。

Choco_Brownie_Open_alt

横から見ると結構、分厚いですよね。

Brownie_Protein_alt

個装の背面は箱と同じように栄養表示されています。こちらのほうがシンプルで分かりやすいですね。

Brownie_small_back_alt

食べた感想としては、先ほどお伝えした通り見た目からかなりのボリュームだったので食べごたえはけっこうありました。

けっこう空腹を満たせるのではないかと思います。

人によっては半分だけでいいという人もいるんじゃないかってぐらいです。

クロールくん

ほんま、岩みたいやな、笑
そうそう、「岩」っていう表現いいね!ゴツゴツしているところがまさにそっくり!

ウリボくん

味のほうはチョコの味がしっかりしていて、プロテイン菓子固有のネバっとした感じがブラウニー感を引き立たせてくれています。

まさにコーヒーを飲みながら一緒に食べるとさらにいいと思います。

もしかして、3時のおやつに紛れ込ませてもおそらく家族にばれないのではないでしょうか、笑。

クロールくん

岩は庭に置いたほうが・・・笑
こら、悪ふざけしないように!!

ウリボくん

普通のチョコクッキーとマイプロテインのチョコブラウニーとの栄養分比較

その辺で購入できる普通のチョコクッキーとマイプロテインチョコブラウニー の栄養分比較をしてみましょう。

栄養分(100gあたり) マイプロテイン チョコチップクッキー*1
エネルギー 283kcal 526.75kcal
たんぱく質 30.0g 5.4g
脂質 13.0g 26.8g
炭水化物 35.0g 64.5g

*1 ホームページより1枚(9.3g)あたりの栄養分に対して100g換算した数値になっています。

参考 栄養分表示チョコチップクッキー|森永

なんと、すべてにおいてマイプロテインのチョコブラウニーのほうに軍配が上がりました!

食べた印象だと明らかにチョコブラウニー のほうが罪を感じてしまいましたがチョコチップクッキーと比べてみてもカロリーは約半分になっています。

我慢して半分のクッキーで済ませるか、満腹感を感じれるチョコブラウニーを食べるか、正直、選択の余地はないんじゃないでしょうか。

クロールくん

マイプロテインの優秀さというより、普段食べてるお菓子の異常さに気付かされた・・・
代わりに動かなきゃ、そりゃ太るよね~

ウリボくん

まとめ

今まで何度かマイプロテインお菓子をレビューしましたが、ここまで完勝のお菓子はありませんでした。

sugar_free_syrup_chocolate_alt甘党ダイエッターに朗報!マイプロテイン シュガーフリーシロップをレビュー

myprotein_wafer_altマイプロテインのウエハースをお菓子として食べて尽くしてしまった・・・

crispy_choco_protein_ altマイプロテインのクリスピーは子供につまみ食いされるほどの美味だった!

レビューをして分析をすることで人気の理由を改めて認識することができました。

上記の記事でもお伝えしていますが

食べられないイライラを解消しつつきちんとタンパク質を摂って傷を最小限にしておき、3歩進んで2歩下がってもいいので100%を目指さず長続きできるような取り組みをしていきましょう。

ボディメイクは細く長く続けることが成功への近道です。

当ブログの記事を読んで役に立ったと思っていただければ下の各SNSでシェアしていただけると嬉しいです。

読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA